求められる箇所

Posted on by

近年急激に広まって、もはや当たり前になったバリアフリーの概念ですが、2世帯住宅や自身の老後を見込んだ中年世代だけなく、若い世代の中でも先を見越してバリアフリー住宅にする意識が広まっています。
若いからといって先の話ではなく、事故や病気で障害を持ったり体が思うように動かなくする可能性は誰にでもあり、すべての人にバリアフリーは必要になるものと考えた方がいいでしょう。
バリアフリーの一環として、部屋の様々な箇所に手すり取り付けを行う工法が良くされています。

まず手すりが必要なのは浴室です。
入浴中は水で滑りやすく身を守る服も着ていないためまず第一に安全が求められる場所です。
浴室からの出入り、ドアの周辺に安心して体を預けられる手すりが必要になります。
出入りしやすい浴槽もバリアフリーの重要な要素の一つです。
そして手すりが必要なのがトイレです。
足腰が悪くなると便座に腰掛ける、立ち上がるのも大変になります。
車いすになると必要でかつ邪魔にならない場所に取り付ける必要があります。
他にも階段の踊り場や廊下など、体の方向を変えたり動きの起点になりやすい場所に手すりを取り付けると安心になります。
手すりは過剰にあっても邪魔になって別の事故の原因にもなり得るものです。
また、使いやすい手すりの方向や材質も人それぞれなので、手すりの取り付けは竣工時ではなく暮らし始めてから取り付けの方がうまく行きます。
暮らしてみて図面や内覧の時では分からなかったことがだんだん分かってくるものです。
自分での取り付けならホームセンターで買って来てお手頃に出来ます。
壁への取り付けは壁の中に下地がある場所にする必要があります。
壁の空洞に取り付けてしまうと体重を預けるとすぐに外れてしまい、逆に怪我や事故の原因になってしまいます。
また最近は逆バリアフリーと言えるしっかりした段差を毎回通る場所にわざとつけるという考え方もあります。
人はまったくバリアが無い生活だとそれが当たり前になり、体も意識も弱って来てしまいます。
毎回意識して段差を超えていると脳を鍛えボケ防止になるという考え方によるものです。
バリアフリーにも様々な考え方や方法があります。

Category: 工事
Comments are disabled